平屋という選択肢

家を建てるのに、大抵の場合、予算というものがあります。
予算が厳しければ、土地の大きさも抑え、家そのものの費用も抑えようと
します。一般的に2階建てにすると思いますが、ぎりぎりの面積で建てようとすると、
1階にはリビングのみで寝室や子供部屋は2階に、収納はあまり確保出来なかったという
ちょっと残念なことになってしまって・・・。よほど今まで借りていたアパートやマンション
のほうが、収納が多かったし、住みやすかったかも・・・。ファミリー向けのマンション
などは、限られたスペースの中に家族に必要な部屋数を確保しつつ、収納も充実させた
とても工夫された間取りですからね。

しかも、老後は家族も減るし、足腰も弱り、階段を昇り降りするのが辛くなったため、
2階の部屋は使わなくなってしまったりする可能性もあります。
せっかく長期のローンを組んで家を建てたのに、なんだか切ないですよね。


おはようございます。
石原貴司です。


結構こういった事例はあると思いますが、そうならないように間取りの選択肢の一つに
”平屋”をオススメしています。総面積では2階建てより少ないのですから、
必要な部屋数や収納を確保できるのか!?と思ってしまいますよね。しかし、結構
スペースをとる階段を省けたり、廊下をなくすことで無駄も省けます。しかもすべてが
同じ階にあるので動線なども非常に良く、住みやすさをより実感できると思います。
老後も安心ですね。


”平屋”は、最小限の面積に大きな可能性を秘めています。
間取りの選択肢に、”平屋”も加えられてはいかがでしょうか?

それでは・・・。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ