雨対策

上棟式・手形式

 

こんにちは。

工務の佐藤です。

 

 

先日、鎌倉市のI様邸が無事上棟しました。

 

 

 

 

 

上棟後の姿としては、あまり見かけないかもしれませんが、ブルーシートでラッピングしております。

 

 

日本は世界的に見てもとても雨が多い国です。

外壁の板を貼ってしまえばよいのですが、それまでの骨組みの間に雨が降ると、当然建物の中が濡れて

しまいます。骨組み自体や中に保管してある木材、下地が濡れてしまったり、基礎に水が溜まってなか

なか水がはけないということもあります。

 

 

施主様からも木材や下地、基礎などが雨で濡れてしまうことへの心配の声をうかがうこともあります。

 

 

そこで弊社では雨対策として、上棟後骨組みだけの状態の期間はブルーシートでラッピングするという

作業をしております。

 

 

梅雨ももうすぐですね。ブルーシートでしっかり守りますよ!

 

 

 

スタッフブログ 石原工務店の家づくり
×