コンテンツ

鎌倉で注文住宅をお考えなら耐震で安心な家づくりを行う「石原工務店株式会社」へ

 

鎌倉で注文住宅をお考えでしたら、「石原工務店株式会社」へご連絡ください。地震の多い日本では、建物の耐震について関心が高い傾向にあります。

木造注文住宅の耐震性能は、施工管理・技術がすべてと言っても過言ではありません。一般的に、木造住宅よりも鉄筋コンクリート住宅や鉄骨住宅の方が規格が整い工場生産が確立しているため、製品の品質が安定しています。

これは、設計仕様通りの耐震性能が実現できることを意味します。一方、木造の場合は、ほとんどが現場での加工のため施工管理の精度や職人の技術に依存します。では、なぜ木造住宅の方が耐震性に優れていると認知されているのでしょう。それは、建物重量が耐震性の大きな要素となっているためです。

重い建物ほど地震によって大きく揺れます。建物自体の重量は、鉄筋コンクリートが一番重く、次いで鉄骨、そして木造になります。したがって、地震の際には一番重量が軽い木造住宅の方が、揺れが少ないのです。鎌倉で木造の注文住宅をご検討中の方は、木造住宅の施工技術が優れ、お客様からの信頼も厚い「石原工務店株式会社」へお任せください。

鎌倉で注文住宅の施工を承る「石原工務店株式会社」は費用やオプションに関する相談も対応可

 

鎌倉で注文住宅をお考えでしたら、「石原工務店株式会社」にお越しください。注文住宅を建てる際に検討して頂きたいのが、オプションです。

例えば、2階にバルコニーを設置したり、フローリングの床にフロアコーティングを施したり、注文住宅のオプションは種類も費用も様々です。

新居での生活を想像しながら、どんなオプションが必要かをご家族と相談してみてください。「石原工務店株式会社」では、おすすめのオプションや費用に関するご相談も承っています。

新築とリフォームならどちらが良いの?


マイホームについて考える際、新築するのとリフォームするのではどちらが良いのか?と疑問に思う方は多いと思います。この場合の新築とは、既存の建物を基礎から取り壊して跡地に新築の家を建てる、いわゆる建て替えを指します。

もちろん、これも立派な注文住宅です。一方、リフォームとは、既存の基礎を残して、部分的な改築、修繕、増築などを行い、新築同様の状態にすることを指します。施工規模にもよりますが、費用そのものはリフォームの方が新築より安く済むケースが多いです。

しかし、新築の方が低金利で長期返済期間の住宅ローンを組むことができる、という大きなメリットがあります。省エネ設備の「太陽光発電」、冷暖房設備の「床暖房」、キッチン設備の「ディスポーザー」などのオプションは、リフォームでも設置が可能ですが、新築の方が設置における制約が少ないです。

新築が良いか、リフォームが良いかの答えはお客様のご要望によって異なるので、それぞれの特徴を把握した上で答えを出すことが大切です。「石原工務店株式会社」は、新築にもリフォームにも対応していますので、お悩みの方はぜひご相談ください。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ