かえって不便になってしまった!?

家を建てて、実際暮らし始めてからふと気付くことのひとつに、洗濯作業が不便になってしまった・・・ということがあるんです。洗濯作業の干す、取り込むという工程のことです。

 

 

こんにちは。

石原貴司です。

 

 

洗濯機はだいたいお風呂の近くにあると思うので、1階に設置されていることが多いと思います。そして、干し場は、日当たりの良い2階のベランダが多いのではないでしょうか。

 

 

実は、この間取りが不便を感じる原因となってしまうんです。

 

 

なぜなら、1階の洗濯機から出した洗濯物は2階のベランダまで階段を上って運びます。水分を含んで重くなった洗濯物を毎日運ぶのは結構重労働だからです。

 

 

勝手口から出て外に干すのなら階段の上り下りはありませんが、やはり動線を考えた設計になっていないと、洗濯機と勝手口外への行き来は面倒くさくなりますよね。そして、外となるとあまりひどい格好では出られませんし。

 

 

賃貸のアパートや、マンションに住んでいた頃は家の中から手を伸ばせば洗濯物を干したり、取れる位置にあったのに。なんだか不便になってしまったな・・・という声を聞くことがあるんです。ちょっと残念なことですよね。毎日の作業なので、少しでも楽にしたいところです。

 

 

弊社では、このような問題も解決出来るような間取りを考えて、洗濯物の一連の作業にストレスを感じることのないようご提案したいと思っております。その他の動線ももちろんです。

 

 

それでは・・・。

 

イベント情報です。是非いらしてください! https://www.ishihara396.com/contents/category/event/ts/category/event

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ