自然の光がふりそそぐお家に住んでみませんか

売り出し中の物件広告等で、「日当たり良好」「全戸南向き」なんていう言葉をよくみかけますよね。
やはり自然光で明るい南向きの土地はとても人気があります。

しかし、せっかく南向きの土地を購入しても、その南側に建物が建っていたら、
その建物に光を遮られてしまって、思ったより薄暗いなんていうこともあるかもしれません。
また、建てた当時は南側に何もなくて、とても日当たりが良かったのに、
数年経ったら南側に3階建ての家が建ってしまった!なんていうことになったら
ショックですよね。


こんにちは。
石原貴司です。

運良く半永久的に南側に光を遮るものは建たなそうな立地を購入できたとしても、
家の中が丸見えでは困るので、カーテンを閉めていたり、植栽で目隠ししたりして、
結局思ったほど明るくなかったなんていうことも結構あるんですよね。
しかも、夏場には南側窓からの強い陽射しでお部屋の温度が上昇してしまうという
デメリットもあるんです。

一見、「寒そう」「暗そう」というイメージがある北側の窓は
、実は一年を通して安定した柔らかい光を取り込むことが出来るんです。
絵を描くアトリエはよく北側につくられたりするんですよ。


南向きの明るい土地を購入したら、窓の大きさや位置を工夫して、
最大限にその土地のメリットを引き出した家にしたいですね。
その逆で、一見日当たりはどうなのかな?という土地でも、明るい家にする工夫
が出来るということなんです。

それでは・・・・。

家のこと、土地のこと 何でもお気軽にお問合せ下さい!

ページ上部へ