« 2018年07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年07月07日

家を建てた後の事も考えましょう

『ある不動産屋さんで、ライフプランをシュミレーションしてもらって、
月9万円の返済が可能と言われたんですが、やはり毎月9万円返済するのは
不安なので、もう少し返済額を減らせるように、予算を抑えられないでしょうか?』

このようにご相談されたお客様は夫婦共働きで、お二人とも安定した収入を得られている
ので、客観的に見て9万円台の返済は無謀な額ではありませんし、9万円台は一般的な
返済額です。


9万円の返済額となると、住宅ローンの借入額は、住宅ローンの商品の金利によって
違いますが、だいたい3000万円位の借入額だと思います。そして、自己資金の
用意があれば、それを足した額が家づくりの予算です。仮に、借入金が3000万円だ
として、自己資金1500万円だとします。総予算4500万円あれば、家づくりに
結構ゆとりがうまれます。土地も家もかなり理想に近づけられるでしょう。


しかし、このお客様のように、毎月9万円台の返済って、やっぱり少し不安ですよね?

こんにちは。
石原貴司です。

そうなんです、ライフプランのシュミレーションでは9万円台の返済額が可能
と言われても、お金の掛かり方って、変化していきますし、やはり不安になって
しまうんです。


お子さんが小さいうちに家づくりを考える人が多いのですが、子供って、小さいうちは
それほどお金が掛かりません。

食費もあまり掛かりませんし、出掛けても乗り物代や入場料もほとんど取られません。
まだ習い事なども始めていない場合がほとんどでしょう。
しかし、成長と共に、子供に掛かるお金はどんどん増えていきます。
食費も増え、個々に部屋を持つようになれば光熱費も増え、学費や習い事の月謝、
衣料品などで出費が増えます。

それに伴い、夫婦二人の収入も増えればいいですが、なかなか収入アップも
難しい時代です。しかも、最近では親の介護のために離職せざるを得ないなんていう
事態も起きています。この先何があるかわからないですよね。そう考えると、やはり
不安になってしまいます。さらに、私たちの世代は、将来年金がきちんと支払われる
保証もありませんから、老後資金もしっかり貯めなければなりません。


あれ!?なんだか家なんて持てないんじゃないか?と思っちゃいますね。
しかし、高齢になると収入面への不安や、死亡リスクが高まるので、賃貸住宅は
借りづらくなります。なので、やはり持ち家は早いうちに建てておいたほうが
いいでしょう。


このように考えていくと、家づくりの予算については、少しでも出費を抑えて
日々の暮らしにゆとりを持たせるように設定したいですね。必要最低限の予算で
家づくりをして、最大限の快適さを得られるような家づくりを目指しましょう!


それでは・・・。

Google +1
2018年07月04日

家づくりのための資金計画と工務店の特徴

家をたてるにあたり、まず最初に資金計画を行う必要があります。
その資金計画では、トータルの予算を決めたら、それを『土地』『家』『その他』
の三項目に分けます。この作業を行わないで家づくりを進めてしまうと、
ほとんどの場合、土地や家に理想を追い求めていくと、予算を大幅にオーバーして
しまうからなんです。無理して予算オーバーして家を建てた後に、後悔しないよう、
しっかり資金計画をしましょう!

こんにちは。
石原貴司です。


資金計画におけるトータル予算は、ご自分の年収や貯蓄によって算出するので、
無理のない金額設定は決められるかと思いますが、予算配分においては、工務店が
どのような家づくりをするのかによって、誤差が生じてきます。

例えば、弊社では人が行き来するだけの廊下や、結局はカーテンを閉めっぱなしに
しなければならない道路に面した大きな窓など、無駄をなるべく減らし、ご家族の構成人数
やライフスタイルにあった間取りで、暮らしやすく、必要最低限の広さや収納を確保した
家を設計するようにしています。風通しや日当たり、プライバシーの確保も充分考えるので
総合的にコストカット出来るんです。


家の間取りの工夫で、無駄なスペースをなくせば、『家』にかかるコストカットになり、
窓や収納の工夫で、家具やカーテンにかかる『その他』にかかるコストも減らせます。
シンプルな家の中は、日々のお掃除だって楽ですね。


また、窓の工夫などでプライバシーが確保された家は、外構面においてもシンプルに
考えることが出来ます。例えば、目隠しの植栽などを植えなくても大丈夫ですし、
境界ブロックも必要ないかもしれません。
家のデザイン性が高ければ、あまり外構にコストをかけずにシンプルに済ませても
見栄えがするでしょう。


『土地』に関しても、弊社のご提案する家は、土地の形や条件にあまり左右されません。
その土地で考えられるデメリットをうまく解決した設計をするからです。
ということは、日当たり、風通しが良くて、形のいい、人気があって価格が高い
土地を購入しなくても大丈夫なんです。それだけでもコストカット出来ますね。


弊社では、このような考え方で家づくりを進めていきますが、他の工務店や
住宅メーカーにも色々と想いやコンセプトがあると思います。

家づくりの資金計画をたてる際には、工務店の特徴なども探りながら進めていくことを
オススメします。

eigyoumann.jpg

それでは・・・。

Google +1
2018年06月30日

1階のプランを工夫してストレスのない家に

「充分収納確保したつもりだったんだけど、なんだかリビングにごちゃごちゃ
荷物がおいてあって片付かないな・・・。」
「いつも着て出掛けるコートだから、2階の部屋に持っていかずに下のリビングに
置きっぱなしにしてしまう。」

こんな現実、残念ながら結構あるんです。

こんばんは。
石原貴司です。


家を建てる時に、予算に余裕があり、延べ床面積40坪以上の家を建てられるのであれば、
1階の収納をかなり大きくとることが出来ると思いますが、一般的な2階建て住宅で
よく建てられている家は、延べ床面積30坪~35坪だと思います。

間取り図を見ると、2階の各部屋に収納をしっかり確保出来ている場合が多く、
収納不足には見えないのですが、1階の収納がどうしても少なくなってしまうことが
多いので、実際に暮らしてみると、1階の収納がもっとあれば・・・!と、感じて
しまうことがあります。

1階の収納が足りないと、リビングやダイニングに”ちょっと置き”のつもりが
定位置化してしまい、なかなか片付かないし、掃除がしにくい。なんだかストレス
が溜まる・・・。そんなことになり兼ねません。


せっかく全体的に収納は充分確保されているのに、上手に利用出来ていないなんて
残念です。
なので、弊社では、生活・家事動線を考慮しながら、1階の収納を多めにとれるよう
間取りプランを工夫しております。
暮らしやすい工夫がいっぱいの家ですっきりストレスを溜めないで伸び伸び生活したいですもんね!


sukkiri.jpg

それでは・・・。

Google +1
2018年06月27日

間取りを考えるうえでオススメのポイント

間取りを考える作業は、とても夢があって楽しい作業だと思いますが、
後から「あ~こうしておけば良かった!」と思ってしまうことが多少はあります。
どなたも大概家づくりは人生の中で1回きりだと思いますので、経験のない中で
進めなければならないので、仕方のないことです。
そこで、家づくりを仕事にしている私たちからオススメしたい間取りづくりのポイント
をお話したいと思います。

こんばんは。
石原貴司です。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭には特にオススメなんですが、
予算の中でゆるされる限り1階の収納を多くとることをオススメしています。
さて、どのような収納づくりをしていったらよいでしょう。

まず、玄関の土間収納をなるべく広めにとります。
玄関には家族全員の靴だけではなく、傘などの雨具、ベビーカー、ゴルフセット、
園芸用品、子供の自転車、虫取り道具、釣り用品、防災用品、工具・・・。
ちょっと広めにしておけば、外に物置をおかなくても大丈夫です。
それから、冬用のコートやダウンなども掛けておけば、出掛ける時にさっと羽織れて、
帰ってきた時にかさばる上着を部屋まで持ち込まずにすみますね。


それからキッチンにもたっぷり入る収納を作ります。
お米やお酒、食料品のストックや、キッチン雑貨、お鍋、食器類など余裕で入るように
しておけば、ちらかりがちなキッチンもすっきり片付くし、在庫確認も楽でしょう。
在庫確認のしやすさは、無駄な買い物の防止にもつながります。

もう一か所、洗面・脱衣所の収納も作りましょう。
洗濯用品や、タオル類、家族の下着類なども収納できるととても便利です。
すっきり片付いているとお掃除もしやすいので、汚れがちな水廻りもきれいに
保てそうです。

充実した収納って、主婦の強い味方ですね。


そして、小さいお子様がいらっしゃる場合、子供部屋を2階ではなく1階に
作ることもオススメなんです。
まだ幼児のうちはオモチャ部屋や、遊具を置いて遊び部屋に。
リビング・キッチンで食事の支度などをしながら目の届く範囲で遊んでくれると助かりますよね。
学校にあがったらお勉強部屋に。子供の学習状況もチェックしやすいですし、
コミュニケーションがとりやすいですね。
また、じいじ・ばあばが泊まりに来てくれた時の寝室としても使えたり。
子供が出て行ったあとは、老後の夫婦の寝室にしたり、おとうさんの趣味の部屋、
お母さんのアトリエ、大きめの収納として・・・。
いろいろと用途がありそうですね。


1階に充実した収納と子供部屋。
これがオススメポイントですが、間取りに工夫をして、あまり1階が広がり過ぎない
ようにしなければなりません。広くなればなるほど、建築費用は高くなりますからね。
収納や子供部屋の工夫で暮らしやすさをアップさせつつ、家事動線、生活動線の良さ、
風通し、日当たりの良さ、防犯対策、プライバシーの確保、デザイン性の高さ、
これらすべてを網羅する!腕の見せ所ですね。

弊社では、そんな家づくりを目指しています!


bennrisyuunou.jpg


それでは・・・。

Google +1
2018年06月24日

当たり前だと思っていたけれど・・・

家を建てるなら、南向きで日当たりが良くて、
気持ちのいい光と爽やかな風をたくさん取り込めるように南側に大きな窓を設置して、
リビング、キッチン、お風呂、廊下、玄関など広々していて、
子供が男の子と女の子だから、それぞれの子供部屋と、お父さんの書斎もある
できるだけ大きな家に住みたい・・・
このような気持ちって、家を建てる人にとって、当たり前の気持ちですよね。

こんばんは。
石原貴司です。


ところが、家を構成する要素のうち、約2~3割は不要であるとも言われているんです。
せっかく頑張って夢を実現させたのに!?

人が行き来するだけの廊下、
せっかくの南向きの大きな窓なのに、人目がきになってカーテンをあけられないリビング窓、
将来は使わなくなってしまう男の子と女の子それぞれにある子供部屋。

建築費用もたくさんかかるし、
段々維持するのも大変になってきます。

廊下や南向きの大きい窓、子供部屋など、あって当たり前だと思っていたものも、
本当に必要なのか、そして長い目でよく考えてみると、必ずしも当たり前で必要なものでは
ないということに気付くかもしれないんです。

弊社では、そういった当たり前と思っていたものを見つめ直し、本当に必要なものを
考えた家づくりを目指しております。
外側から見て、せっかくの南側に窓が少ないな・・・
ちょっと小さくないかな?
と思われることもあるかもしれません。


ですが、実際は中庭やトップライトを設けることにより、室内を充分に明るくしたり、
小さくても必要な空間のみを厳選して、決して窮屈ではない家を工夫して設計しています。

外側に向けられた窓を減らし、中庭やトップライトからの光でプライバシーを充分に
確保しながら誰の目もなく伸び伸び暮らす・・・。


弊社が目指す家は、そこに暮らす人が伸び伸びとリラックス出来る家。
そしてその時だけでなく、将来のことも考えて本当に必要なものを厳選した家。
そんな家を目指しています。

それでは・・・。

Google +1
2018年06月21日

祝!竣工 鎌倉 O様邸 お引き渡し式

今年の初めからリポートをさせて頂いておりました
鎌倉のO様邸がいよいよ完成いたしました!


IMG_1534-1.jpg

新築のご計画と、お母様宅のリフォームを
敷地内でご一緒にとのご希望でした。

昨年12月に初めてお問い合わせをいただいてから約6ヶ月….


とても素敵なお住まいが誕生いたしました(*^^*)!

二つのご計画を同時進行とのことで、お選び頂くこともたくさんあり
O様にとって大変お忙しい毎日だったことと思います。


DSC_1020-1.jpg

とても明るく朗らかなO様ご夫妻と、可愛いお嬢様の笑顔に
私たちスタッフもお会いする度に元気を頂いてまいりました。


DSC_1024-1.jpg


O様ご家族とのご縁に感謝すると共に
ご家族皆様のお幸せな毎日を
スタッフ一同心よりお祈り申し上げます(*^^*)!

Google +1
2018年06月19日

メーターモジュールと尺モジュール

”なんと、坪単価○△万円で家が建つ!!”
みたいな広告、見たことありませんか?

こんにちは。
石原貴司です。


家づくりの寸法基準として、メーターモジュールと尺モジュユールがあります。
弊社をはじめ多くの工務店が尺モジュールを採用しています。
モジュールとは、柱を立てていく間隔のことです。日本では古くから
尺貫法が採用されており、日本の建材は尺モジュールで作られています。そのため、
尺モジュールを採用している会社が多いのです。


メーターモジュールでは、柱は1メートルおきに立てます。
尺モジュールでは、柱を91センチおきに立てます。


メーターモジュールで建てた家と尺モジュールで建てた家では、どんな違いが
出てくるかというと、同じ間取りで建てた時に、メーターモジュールの家の方が、
尺モジュールの家より広くなります。


例えば、縦横ともに9本ずつ柱をたてながら総2階建ての家を建てたとします。
メーターモジュールの家では、縦横8メートルの家になります。
8m×8m=64㎡
これが総2階建てなので、64㎡×2=128㎡(38.72坪)になります。

これを尺モジュールで建てると、縦横それぞれの一辺が
91㎝×8本=7.28mですので、
7.28m×7.28m=52.99㎡
これが総2階建てなので、52.99㎡×2=105.98㎡×(32.05坪)
の家になります。

ということで、同じ間取りの家で38.72坪-32.05坪=6.67坪の差が出ます。

こうなると、坪単価にも差が出てきます。
例えば、2000万円で家を建てたとして、それぞれの坪単価を計算してみましょう。

メーターモジュールだと、2000万円÷38.72坪=51.65万円です。
一方、尺モジュールだと、2000万円÷30.25坪=62.40万円になります。
なので、坪単価の差額は、62.40万円-51.65万円=10.75万円となります。

ここで、この差額に注目してみてください。
坪単価が安いことを強調したい会社は、メーターモジュールを採用するんです。

ですが、メーターモジュールだと、当然建材は尺モジュールより多く使うことになり
ますので、総工事費はメーターモジュールのほうが高くなります。


大手メーカーなどでは、このメーターモジュールを採用している場合があります。
そうすると、坪単価が安くなるというトリックを使えるのです。
もちろん、メーターモジュールの家は、部屋や廊下が広くなるというメリットもあり
ますので、メーターモジュールを否定しているわけではありません。

なので、家づくりの際には、このメーターモジュールと尺モジュールの話も参考に
してみてください。

それでは・・・。

Google +1
2018年06月16日

出費がかさんでしまうこともあるんです・・・

皆さん土地探しの時に、重要なポイントはどんな事ですか?
駅から近い?
南側に面していて日当たりが抜群!
土地の形がきれいな四角くになっている。
静かな場所・・・
色々ありますよね。こういった条件が揃っている土地は、少々価格が高くても
すぐに売れます。


ところが、せっかくのいい土地を、上手く活かせていないお宅をちょくちょく
お見掛けするんです。


こんにちは。
石原貴司です。


例えば、南側に面していて、日当たり抜群の土地だったら、南側に
リビングをもってきて、大きな開口の窓を配置して、光と風をぐんぐん
取り込みたいと考えるのが一般的ですよね。実際、そのように設計する家が
ほとんどだと思います。ですが、問題は住んでから。

南側には道路があり、人通りがあるので、人の目が気になって、カーテンを
あけられない・・・。しかも、カーテンだけだと心もとなくて、結局
庭の道路際に目隠しの塀やら植栽を設置してしまったので、何だか薄暗く
なってしまった・・・。なんていう、残念なうえにエクステリア代まで余計に
高く付いてしまった!!という事態を招いてしまうことにもなり兼ねません。

人気があって、高い土地を頑張って購入したのに、本当に残念です。


そうならないために、覚えておいていただきたいのですが、
室内が明るく、風通しも良好で暮らしやすい家にするために、
土地の立地や形状は、あまり関係ないんです。どういうことかと申しますと、
設計の工夫次第で、採光問題、風通し問題などは、解決できるんです。

工夫次第で、余計なエクステリアなど不要に出来ますので、出費も
抑えられますね。
浮いたお金の活用法は、家族旅行にまわしたり、ローンの繰り上げ返済
にまわしたり・・・。


常識ばかりにとらわれてしまうと、なかなか考えられないかもしれませんが、
設計アイデアがたくさんのつまった、快適な家で豊かな暮らしを
実現させてみませんか?

shiawasekazoku.jpg

それでは・・・。

Google +1
2018年06月13日

おしゃれなお家ね~(*^_^*)住み心地はどうかしら?

1階の大きな窓はリビング、ダイニング、勝手口があるからキッチン、
障子が見えるから和室、小さい窓はお風呂、洗面所、トイレ。
2階にのベランダのある部屋は寝室、その隣は子供部屋、書斎、トイレ。
一般的によく見られる間取りの家はこんな感じに外からも想像がつく感じでしょうか。

そんなよくある感じの家が立ち並ぶ住宅地の中に、一軒だけあまり見掛けない感じの
家が建ちました。1階の南側に大きな窓がないし、どの窓を見ても、キッチンなのか、
リビングなのか、和室なのか、お風呂なのか・・・ちょっとわかりづらい。
でもとってスタイリッシュでおしゃれな外観です。もしかしてギャラリーなのかな?
建築事務所かな?デザイン事務所かな?そんな感じで想像力がふくらみます。

こんにちは。
石原貴司です。

生活感のない・・・というか、デザイン性に優れたスタイリッシュな家って、
どんなおしゃれな人が住んでいるんだろう?
中の家具もおしゃれなんだろうな。
なんて憧れたりもしますけど、
デザイン性ばかり重視して、実際は動線が悪かったり、機能性の面で劣っていて、生活
するにはちょっと難ありなんじゃないかな?
なんて思ってしまいますよね。


けれど、ちょっと間取りを想像しづらい家って、防犯上プラスポイントになると
思いませんか?デザイン性に優れているからといって、機能性に劣っている
とは限りません。弊社では、そういった家づくりにも力をいれております。


せっかく南側の日当たりが抜群の土地を購入しても、もしもその南側に道路があり、
人通りが多かったりすると、南に大きな窓を作っても、カーテンをあけて光を取り込む
ことが出来ない・・・なんていうことになりかねません。ですが、光と風を取り込みつつ
人の目を避けるような設計って、実は出来るんです。逆に、日当たりが悪くても、
設計力で日当たり、風通しを確保することも出来るんです。

ちょっと一般的な感じではないけれど、スタイリッシュでしかも快適な家。
そんな家づくりを一緒に考えてみませんか?

kenchikushi.jpg


それでは・・・。

Google +1
2018年06月10日

銀行はオススメしていないローン

今回お話するのは、『固定金利』の住宅ローン。実は、銀行ではあまりオススメしてくれない住宅ローンなのですが、返済期間満了まで、金利の上昇がないんです。この『固定金利』の住宅ローンは、自己資金が少ない方や、金銭的な面で不安な方には最もオススメです。

おはようございます。
石原貴司です。

『固定金利』のメリットは、何と言っても金利の変動があっても返済金額がずーっと変わらない
安心感です。変動や、固定金利選択型のようにドキドキしなくていいんです。変動や固定金利選択型のように金利がアップする時って、意外と子供の受験とか、お金の掛かる時期と重なったりするもんなんですよね。

安心感は得られますが、ちゃんとデメリットもあるんです(^_^;)

それは、もともとの金利が、変動や固定金利選択型に比べると高いんです。
金利が高いということは、返済額のうちの金利が占める割合が高いということなので、
借入出来る金額が少なくなるということなんです。もちろん毎月の返済額を大きくすれば、
借入金は増やせますが。


つまり、予算重視で土地や家に掛ける予算をカットしていくか、
土地や家の予算を削らず、毎月の返済を頑張って増やすか、なんですね。

さらに、変動や固定金利選択型に比べて、銀行に支払う手数料などの初期費用が余分に
掛かるんです。ですから、資金計画の中で、予算の中にこの経費も含めて考える必要があります。

変動や固定金利選択型の場合は、金利の変動のリスクを借りるお客さんが負っているのに対し、固定金利の場合は、そのリスクを銀行が負わなければならないので、余分に掛かると考えていいと思います。


変動、固定金利選択型、固定と3つありますが、どれを選べば正解で、どれを選んだら失敗なのかは、結局のところ終わってみないとわかりません。
なので、どのタイプを選ぶにしても、それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解して
選ぶことが大切だと思います。

とても難しい問題ですが、年齢、収入、家族構成、ライフスタイル、価値観などを考慮して、納得のいく住宅ローンを選択していただければと願っています。


shikinnkeikaku.jpg

それでは・・・。

Google +1

石原工務店
マネージャー 石原貴司

石原工務店

◆経歴◆
東京電機大学 建築学科卒業
大工見習いを経て、戸建木造住宅の現場管理を経験
その後、デベロッパーにて土地の企画設計に従事。
今日に至る。
『 企画・設計・施工全てをコントロールできるマネージャーの1人 』との定評がある。
◆家族◆
インテリアコーディネーターの妻とやんちゃ盛りの男の子二人
◆資格◆
一級建築士、一級建築大工技能士、 宅地建物取引士、公認 不動産コンサルティングマスター

Google +1