小さくてもいいんだ

「小さな家をおすすめします」と言われたらどのように感じますか?
一瞬、なぜ、すすめるのだろうと考える人が多いのではないでしょうか。
手頃な広さの小さな家には、長く暮らせるメリットが実はたくさんあります。


・若いときに家を建てても30年後は高齢者に
 家を建てる人の年齢を見ると、だいたい30代前半から40代半ばの人がほとんどです。仮
 に30代で建てても、30年後には60代。「最近は疲れやすくなったな」「部屋の掃除や
 階段の上り下りが億劫になってきたな」なんてことを言っているかもしれません。高齢にな
 った時のことを考えると、家は小さい方が扱いやすく、便利なのです。

 狭ければいいというわけではありません。私がすすめるのは、小さいけど豊かに住める家で
 す。空間の取り方や設計の工夫など、家を広く感じさせる仕掛けは必要になってきますが、
 狭小住宅でも豊かに暮らせる生活を手に入れることは可能だと思います。

・小さな家から生まれるたくさんのメリット
 まず、建築費用が抑えられます。毎年かかる固定資産税、住宅ローンの負担を軽くすること
 ができます。家を建てたからといって、生活のレベルを落とす必要がありません。

 家を小さくすれば、庭のスペースを確保できる可能性があるので、子どもたちがのびのびと
 遊べる空間ができます。子どもたちが独立した後は植栽を施したり、季節ごとの野菜や花を
 育てたりと家庭菜園やガーデニングにチャレンジするのもいいですね。また、庭ができると
 いうことは、通風や採光がよくなり、快適に過ごしやすくなるかもしれません。

・水まわりの面積は極端に削らない
 小さな家はメリットが多いのですが、注意点やマイナス面はないのでしょうか。
 小さな家だからと言ってキッチンや浴室を必要以上に狭くしてしまうと、使い勝手が悪くな
 ってしまいます。キッチン、浴室、洗面室のような毎日使う場所は、適度な広さを確保し、
 居心地を高める工夫をしましょう。

 洗面室やトイレなど、もともと狭い場所は、広さを感じ、居心地を高める工夫も必要です。
 例えば、洗面室と浴室の仕切りをガラスにする、トイレの内装を明るめの色を選ぶなど。

・小さな家ですっきりと暮らすためのコツ
 暮らしやすさに影響するのが収納です。必要な場所に十分な収納を確保することが大切で
 す。小さな家にすっきりと住むためには、ものがあるべきところにきちんと納まっているこ
 とがポイント。ものがあふれていてはよけいに狭く感じます。収納スペースは各所に、そし
 て、使い勝手のよさを重視してつくりましょう。

・最大のメリット
 小さな家の最大のメリットは、築年数がたった時に必要なメンテナンスが少なく済むこと
 です。例えば、外壁の再塗装は、家が小さければ外壁の面積も小さくなるので費用は安く
 工事も短期間で終わります。

 もともと建築費用が少なく、ローンの負担も軽いので大きな家に比べると日々の生活に余裕
 が生まれてくるはずです。余裕があると、メンテナンス費用を計画的に用意することも可能
 です。
 最近では、子どもが独立して夫婦だけの暮らしになった場合、「減築」する住宅が増えてき
 ました。家族構成が変わったために不要部分を削減し、家をコンパクトにするリフォームで
 きます。高齢になった時の手入れのしやすさや、メンテナンス費用削減の期待ができます。

 このような事例を聞くと、最初から最小限のスペースで豊かに暮らせる設計にするのも賢い
 選択だと思います。

・将来の事も考える
 家族構成にもよりますが、実は日常生活にはそれほど広い空間をそれほど必要としません。
 家が小さいと毎日の掃除がラクになります。

 子ども部屋など、子どものスペースを最小限にとどめておくのもよい方法です。子どもたち
 が独立して家を出た後も、活用されない空間を小さくすることができます。

 ある狭小住宅は、子ども部屋にはドアが無く、収納と廊下で仕切られているだけでした。勉
 強は2階のホールに造り付けられた家族共有の大型机で勉強するそうです。4人家族の家と
 してはかなりコンパクトでしたが、大きな吹抜けがあり、明るく狭さが感じられない家でし
 た。限られた空間でも、メリハリのある設計により、心地よい豊かな空間がつくれるものな
 のです。

小さな家にはメリットが意外に多いということを感じていただけたでしょうか。当社では、今までの狭小住宅の施工実績を基に、お客様に小さくても豊かで快適に暮らせる住宅を提供していければと思っております。

家のこと、土地のこと、 何でもお気軽にご相談ください!